スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年12月17日(Sat)

続・いたいのいたいの飛んでけ~

カテゴリー:スデクマ☆通常業務記事編集

いたいのいたいの飛んでけ~からのつづき


・PM13:15 ~木下より交信

ガガ・・ピー・ガガガ・・・こちらクアラルンプールの木下です。新田さん聞こえまガ・ピー・すか?

大変です。われわれが探し求めていた「いたいの」が、なんと大挙してマレーシアに飛来してきたのです。わたしも至急あとを追ったのですが、ここ港町ポート・クランで見失ってしまいました。ただ、スカウターからは反応が消えていないので、きっとどこかに潜伏しているのでしょう。とりあえず今のうちに腹ごしらえしときます。


・PM14:00 ~ナシゴレン屋

ピ・ピピピ・ビビビビビビ・・スカウターに異常反応です。どうやら強力な「いたいの」がこちらに近づいてきているようです。ビビビビ・・痛いの指数20000!!そんなバカな!!「木下っ、後ろだ!」。「ああっ!!・・ピーーー・・・」。


・PM14:30 ~6F 新たなる誓い

6Fの新田さんです。わたしはまた有能な人材を失ってしまった。「木下」だ。いったい今まで「いたいの」の為に何人の犠牲をだしてきたことか。もうこれで「いたいの」を追跡するのをやめようか?

思いに思い悩んで大事なヘアーがふぁさふぁさ抜け始めたその時だった。”ヴイーン ガシャン ドドド ブルシャッキーン”、ゴシック様式を取り入れた新田さん室のドアが開くと、そこに立っていたのは「清水」だった。「新田さん、なんて顔してんだい!せっかくマレーシアまで追いつめたんだぜ。とことん行こうぜ!ついでに木下も助けてくっからよ。」清水節全開だ。「よし、行ってこい!」過去の失敗を反省する事無くまた送り出した。それは清水への信頼の証だ。彼は8年半の刑務所暮らしを終えて出てきたばかりだが怠けてなかったのだろう、体つきをみたらすぐに分かった。


・PM19:00 ~成田空港

再び希望を取り戻した私は、旅支度を終えた清水と船橋でおちあい総武線を乗り継いで空港へ向かった。千葉駅の手前で大事なipodのバッテリーがなくなったので、向かいに座っている清水と会話を始めた。
「危なくなったら、一目散に逃げろ。たのむ、死なないでくれ。」ケンヂをパクってみた。「分かったよ。まあ任せときなよ、あさってには木下連れて帰ってくるからよ!」真に受けた。どうやら清水はケンヂのことは知らなかったらしい、ラッキーだ。

カウンターでチェックインを済ませると、出発までまだ時間があったので長いすに腰をかけ笑い合った。これが最後の会話になる可能性があることは二人とも感じていた。「どんな道を選ぶかよりも、選んだ道をどう生きるかの方が重要だ。」調子に乗って今度は僕の生きる道の草薙くんをパクってみた。清水号泣!やりすぎた・・・パクったことを正直に告白しといた。

出発の時間を迎えたので、私は清水に別れをつげると、清水も私にこう言った「僕は死にません!だってあなたが好きだから!」パクってやがる・・・しかもそんな告白いらねぇよ。みんな見てるし、気まずい・・・早く帰ろう。

こうして清水は旅立った。しかしこの時、新たな「いたいの」が蒲田を後にしたことに、われわれはまだ気付いていなかった・・・

つづく。ってかつづけるの、これ?

続きました、いたいのいたいの飛んでけ~ 3rdシーズンへいってらっしゃい。

スポンサーサイト
 
│posted at 15:56:15│ コメント 2件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫ゆーこ
URL│posted at 2005-12-17(Sat)18:03│編集
木下さんが・・・
けど清水さんなら木下さんのカタキは
取ってくれそうな雰囲気ですね!!

ケンヂの名言をパクったの最高に笑いました。
(笑っていいのかな?)

良い知らせを待ってます!
≫新田さん
URL│posted at 2005-12-19(Mon)08:28│編集
ゆーこさんへ

まいどどうもですm(v_v)m
今後の展開がすごく楽しみですよね←ひとごと・・

果たして木下の命は・・・乞うご期待!
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
■フロア案内

4garabanner
4Fヨンガラは閉店致しました。 またのご来店をお待ちしてます。

■お便り募集中!


hawl3 お便り待ってるわよ!

■冒険日誌☆
■ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。