スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年07月06日(Thu)

フランスvsポルトガル ~ドリブラーの弊害

カテゴリー:スデクマ☆サッカー部記事編集

大会を通じて徐々にチームを仕上げてきたフランスと、クリスチアーノ・ロナウドとフィーゴの新旧のウィンガーの突破力に組織力をバランスさせたポルトガルの一戦。なんといっても、準々決勝を中盤の軸であるデコとコスティーニャを欠きながらも制してきてるだけに侮れないチームです。2年前の自国開催の欧州選手権でも決勝まで辿り着いてるしね。

ポルトガルの最大の武器はなんといっても両ウィング。二人のドリブルを起点に全体が押し上げるイメージ。一方のフランスはやっぱりジダンが前を向いてボールを持つと、何かが起こりそうな展開。今大会でブレイクしたリベリの運動量が目立ちます。ただ、ベスト4だけあって両チームとも守備意識の高さが目立ちました。

で、その守備なんんですけど、ポルトガルがなかなか興味深い守り方なのですよ。パウレタをセンターに据え両ウィングを配置するトップに、デコ、マニシェ、コスティーニャで構成する中盤に4バック。数字にすると、4-1-2-3で、中盤の1がコスティーニャなんだけど、ピッチ上でも高い位置からこの数字を維持したポジショニングをとります。

一方のフランスが、4-2-3-1が基本ポジションなもんで、フランスが後ろの6人でボールを回そうとしても、ポルトガルの前線の5人がボールサイドに連動してススッと移動して前線へのパスコースを限定していきます。ちょっと極端に言うと、フランスのボランチコンビ、ヴィエラとマケレレを、ポルトガル前線の2-3の5人で囲むようなイメージ。

ただね、相手が悪かったかな。ジダンの両脇を固める、リベリ&マルーダが前後左右にワイドに動いて、ようはポルトガルのマークをかいくぐってパスを受けるのですよ。もちろんそのボールは一旦ジダンへ。そこからさらにワイドに動く両翼+エース・アンリがポルトガルディフェンス陣のウラのスペースを狙い、PKというカタチで結実します。

もちろん、ポルトガルも両ドリブラーを起点に攻撃を展開するものの、フランスの中央ゾーン、テュラム、ギャラス、ヴィエリ、マケレレは鉄壁!それでも右サイドの深い位置から折り返したボールにマニシェが強烈なシュート放ったりチャンスはあったんですけどね。


そんなこんなでフランスリードで後半に入ります。フランスの方はプラン通り、疲れの見え始めた両サイドに代えて、ヴィルトール、ゴブの投入。ポルトガルはフィーゴあたりをさげるのかなと思ってたら、なんとビックリ、パウレタに代えてシモンを投入。クリスチアーノ・ロナウドを中央に据えたドリブラーだらけの3トップ。

しかもこの3トップが強引なまでに突破を仕掛け、結局囲まれて奪われるを繰り返すもんだから、ポルトガルのハーフがタイミングよく飛び出していけないなんていう悪循環。あらら。

あ、クリスチアーノ・ロナウドが放ったFKは特筆モノ。例によって無回転で落ちるボールがバルテズのミスを誘い、唯一得点の臭いのしたシーンでした。

いやでも後半のチャンスはほんとこれくらい。フランスもさすがに疲れが見え始めて、押し上げもままならないのにとことんドリブルでしたからね。ちょっとはデコとマニシェを活かせよってまま、最後のパワープレーもいまいち空回りでタイムアップ。


そりゃあ、クリスチアーノ・ロナウドもフィーゴも抜群に上手いことは上手いんだけど、さすがにそれだけじゃあ崩させないフランスが、大人のサッカーを見せつけたのかなっていう一戦でした。


これで決勝は、イタリアvsフランス。大会前の下馬評をまったくもって覆す展開になりました。

そして、気になる討伐隊ポイントも、アズーリsatoshi対ル・ブルchamuniliの一騎打ち!勝った方に30P一挙進呈!楽しみ~。


スポンサーサイト
 
│posted at 05:02:41│ コメント 0件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
■フロア案内

4garabanner
4Fヨンガラは閉店致しました。 またのご来店をお待ちしてます。

■お便り募集中!


hawl3 お便り待ってるわよ!

■冒険日誌☆
■ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。