スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年06月27日(Tue)

イタリアvsオーストラリア ~真骨頂!

カテゴリー:スデクマ☆サッカー部記事編集

えー、今日は試合の感想に入る前にひとつ。

昨日のコメント欄でも触れたのですが、川淵キャプテンが「うっかり」次期監督候補がオシムである事を言っちゃった件で、オレはそりゃあないだろうと思ってるのですよ。これは完全に穿った見方で、嫌悪感を抱かれる方もいるかと思いますが、あの発言は演技だと思います。てか、演技っぽすぎに見えたのよ。

しかも今まで秘密裏に押し進めていた事を、うかれムードでの勝利報告ではなく、むしろ反省もしくは責任を追求されるべき場で言ってしまった。ウチの会社でもそうだったんだけど、話題はやっぱりオシムどうなん?って会話になりますよ。まだワールドカップやってるのにだよ、よその強い国を見て日本に足りない物は何かを考えなきゃいけない時期にだよ。

まあ回りくどくなったけど、あの発言は演技だろうと。で、その演技で隠した物は協会批判とジーコ批判、選手批判。

勝ち点1、3試合2得点での帰国。ホームの利はあったとはいえ、明らかに前回大会より落ちた結果。そりゃ記事の大半は批判に繋がるだろうけど、今反省しないでどうするんだよ。

ただ、オシムの決定には大賛成なんです。今大会で日本の最大の武器にして唯一相手に勝てるものは、走り勝つ事だってことははっきりしたからね。失礼を承知で言えば、能力で劣る選手たちを優勝争いできるまでのチームにまとめあげた実績も抜群だし。ま、ジェフが連れてきた監督を引き抜くカタチになったのは、ほんと不甲斐なく想うけど。


---------------------------------------------------------


さて、前置きがながくなりましたが、イタリアvsオーストラリアです。

堅牢な守備と才能ある攻撃陣のリッピ率いるイタリアと、パワーと粘り強さが売りのヒディング率いるオーストラリア。名将同士の戦いは、前回韓国に敗れたイタリア対ヒディングの一面も兼ね備えたりしてて、見応えありそうです。もちろん、応援するのはオーストラリアね。

試合は例によってイタリアのペース。キープ率ではオーストラリアに分があるものの、鉄壁のディフェンスでそれを跳ね返し、デル・ピエロ、トーニ、ジラルディーノによる素早い攻撃で虎視眈々とゴールを狙います。

オーストラリアはキューウェルを欠いたせいもあってか、とにかく一発ロングをヴィドゥカにあてていきます。ヴィドゥカも高さでは五分のマテラッツィよりも、ギャップの活かせるカンナバロと競り合えるポジションを取るものの、そこは百戦錬磨のカンナバロ、日頃セリエでデカい相手とやってるだけあって、早々譲りませんでした。

とにかくお互いの守備の粘り強さが目立った前半。もちろんイタリアは猟犬ガットゥーゾ、オーストラリアは俊輔をがっつり潰したグレッラが、お互いのキーマンである、ピルロ、ケイヒルをがっちり封じます。

さて後半、イタリア守備陣の高さの要・マテラッツィが開始5分で一発退場になってしまいます。さあ、試合が動き出すかな。なんて思ってたら、むしろもっとイタリア的展開へ。さすがに前線に数を割けないイタリアのチャンスは少ないものの、オーストラリアに全くチャンスを作らせない守備はさすがの一言。

そしてそろそろ眠くなってきた後半ロスタイム。90分を通してほとんど上がることのなかった左サイドバック・グロッソが左サイドを強引に突破すると、ペナルティ内でニールに倒されPK獲得!それを王子トッティが心憎いばかりに冷静に、ほんとこれぞ平常心っていうゴールを決め試合終了。

とにかくボールキープはできたオーストラリアでしたが、これぞイタリアの罠って展開かな。結局オーストラリアにチャンスらしいチャンスを作り出させず、自分たちは効率よく攻めていくっていう、現代サッカーの潮流とか逆行するサッカー。ほんとイタリアサッカーを堪能させてもらいました。

どんな相手でも1-0で勝つ実力があるだけの、この先ひょっとしたらひょっとするかも。ま、できればアルゼンチンやスペインみたいなチームに勝ち残ってほしいけどね。


スポンサーサイト
 
│posted at 08:45:03│ コメント 4件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫satoshi
URL│posted at 2006-06-27(Tue)11:01│編集
いや、まさにイタリアらしいゲームでしたね。
これで30pにまた近づきました(笑)

次はシェフチェンコ率いるウクライナ。
シェフチェンコのスピードでカテナチオが破れるか・・・
これもまた興味深いです。

しかしこのレベルまで来ると、どこが勝っても
おかしくないですね。
≫新田さん
URL│posted at 2006-06-27(Tue)11:52│編集
いやほんとイタリアらしいゲーム。時代の流れとは逆行するものの、このイタリアが見れるのはワールドカップか、ユーロぐらいですからね。徹底ぶりにはほんと感服です。

30Pあるかもよ~
≫boban
URL│posted at 2006-06-27(Tue)15:11│編集
ああいう試合を勝ち抜く時のイタリアは怖いですね。
頂上まで来ちゃうかな?

次戦はウクライナですか。
でも昨日のスイス戦を見る限りでは、
ウクライナに勝ち目は無いかな?と思います。

ウクライナ好きですけどね。
≫新田さん
URL│posted at 2006-06-27(Tue)20:06│編集
ウクライナは惨敗したスペインしか見てないので、なんとも言えないんだけど、シェフチェンコは一人で打開できる選手としては、現役ナンバーワンと言っても差し支えないので、イタリアのディフェンスが焦れてラインを上げてくれば勝機はあるかも。

ま、そうそうフリーにはさせないだろうけど。
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
■フロア案内

4garabanner
4Fヨンガラは閉店致しました。 またのご来店をお待ちしてます。

■お便り募集中!


hawl3 お便り待ってるわよ!

■冒険日誌☆
■ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。