スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年05月04日(Thu)

陪審員制度とマルティーンのよくある光景

カテゴリー:スデクマ☆通常業務記事編集

あらこんばんわ、アタシよアタシ、鮫洲のマルティーンよ。え、新田くんはどこって?彼いつの間にこんな人気者になったのかしら。嫉妬しちゃうわ。

あ、新田くん今リハーサル中なのよ。来週野音やるんですって、井の頭公園で。なんか張り切ってたわ~、2年ぶりとかなんとか言って目を輝かせてたわよ。


だから今日はアタシがみなさんのお相手させてもらうわ。

お飲物は何にする?あ~ちょっと待ってね。菊地ィ、オーダー頼むわね。この方たち新田くんのお客様だから、丁重にね。

分かってるって?くちごたえするんじゃないわよ!菊地ィ!


あら、ごめんなさいね。ちょっと取り乱しちゃったわね。せっかくだからアタシのお店も宣伝させてね。アタシのお店「ビネガー・シャーク」って言うの。鮫洲って意味よ、イカしてるでしょ。

営業時間は11:00~4:00、ショータイムは00:30からと3:00からの2回よ。ぜひいらしてね。


え、なに菊地ィ?お便り?あんた読みなさいよ。アタシいやだわ。なんであんた読まないのよ菊地ィ。イヤよ、アタシ読まないわよ。どこ行くの、ちょっと待ちなさいよ菊地ィ!

あらやだ、今のとこカットしておいてね。じゃあ、読むわよ。えーと、これなんて読むのかしら・・・ペ・ペンネ・・・あ、ペンネームね。ペンネーム「虎た・・たま・・・、まぁいいわ。陪審員制度について知りたいのね。


ちょうどよかったわ。アタシも教えて欲しかったのよね。そのバ・・バンサ・ンカン制度っていうの?ようは、あれでしょ、裁判所行けばいいんでしょ。でもそれじゃ社会科見学と変わりないわね。ちょっと、菊地ィ、教えなさいよ。


あ、そうなの。アタシが裁くの。あら、楽しそうじゃない。じゃあ、そうだわ、悪人全部アタシのしもべにするわ。もちろんイケてる男だけね。

あとは、いらないわ。菊地ィ、仕切り頼むわね。あなた、長に出世よ、何長がいいか考えといてね。時給も300円上げてあげるわ。


なんで!?300円アップよ!1ヶ月で、いくらになると思ってるのよ。ありがたく頂戴しなさいよ。あ~、でもまだ長じゃないものね。据え置きね。

何よ?アタシが裁くんじゃないの?あなたさっきそう言ったじゃないの!アタシが分からないと思ってそう言った?ちょっと菊地ィいつからそんな口きくようになったのよ!あなた自分の立場がまだ分かってないようね。

ちょっと、こっちきなさいよ。お客さんが見てる?それとこれは話が別よ!こっちの方が大事だわよ。ほら、そこ立ちなさい。いくわよ。ポチッ!


ヒューーーーーン・・・・・・・・ベチャ


さ、邪魔者はいなくなったわ。みなさん、ゆっくりしていって頂戴ね。あら、アタシったら、まだ飲み物もお出ししてないじゃない。菊地ィ、いらっしゃい。オーダー聞いて頂戴。

あら、あなたなんで血まみれなの?汚いから拭いてから来なさいよ。


ごめんなさいね~、ホント気の回らない男で。でも、アイツいいやつなのよ。アタシのお店でもう5年も頑張ってるんだから。ああ、いいのよ。ああいうの好きみたいだし。ねぇ、菊地ィ。


じゃあアタシ、ショーの準備に入るから、ゆっくり見ていって頂戴ね。

スポンサーサイト
 
│posted at 08:45:28│ コメント 18件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫@ビネガーシャークで。
URL│posted at 2006-05-03(Wed)22:07│編集
ギーィ…。   バタン。

マルティーン、久しぶりだな。
いや。近くまで来たから寄ってみただけだ。
今、仕事中なんだ。酒は飲めねえ。
相変わらず忙しそうだな。元気そうで何よりだ。

悪いな、灰皿をくれ。菊池ィ。

今日も客が大入りじゃないか。
こんなふざけた名前の店にわざわざ足を運んでくれるんだ。
客は大事にしねえとな。

菊池ィ。ところでその傷どうしたんだよ。
汚らしいからさっさと拭いて来い。
落ちなきゃ洗ってくるんだよっ。

あ、大きな声だして悪いねお客さん。

ところでマルティーン。新田の野郎は何処へ雲隠れしやがったんだ?
さっさと白状しな。

しらねぇ?そんな筈はねぇだろ?
ああ。奴はとんでもねぇ野郎なんだよ。
正直に言わねえと菊池ィの身に何があっても知らねえからな。
ああん?かまわねえだと?
菊池ィ、お前いつもこんな仕打ちうけてるのか?
ドMだな。

何?野音?それは何処にあるんだ?日比谷か?
おい菊池ィ。喋っちまってお前この後大丈夫なのか?
ああ…。そうなのか。わかった。
じゃ。この蝋燭使ってみるか?
情報代だ。

マルティーン、またな。
ショーの準備の邪魔して悪かったな。
菊池ィは一生お前の店で働くそうだよ。

あんのぉ~新田の野郎~。
とっ捕まえてやらねぇと、仏さんが浮かばれねぇ。
≫菊池ィ
URL│posted at 2006-05-04(Thu)00:05│編集
ああっ、ちょっと待って下さいよ~。
いま新田さんのお邪魔すると、あなたの身も危ないですよ~。
だから、もう少しだけここでお願いしますよ~。


・・・トトン・ツーツー・トンツー・トトン・・・
≫客A
URL│posted at 2006-05-04(Thu)00:36│編集
カランコロンカラン・・・

あれ?
確かショータイムは
00:30から始まってるんぢゃなかってけか?

菊池ィ
楽しみにして来たのにどーなってんだよ。

まぁ、とりあえずいつものくれよ。
≫菊池ィ
URL│posted at 2006-05-04(Thu)01:13│編集
ああ、すいません。
マルティーンさん、今チャック閉めようとして肉はさんじゃったんですよ~。

「菊池ィ!」

ああっ、いま行きます!
すいません、とりあえずいつものでしたね。

はい、馬刺し盛り合わせです~。手づかみでよかったですよね?

「菊池ィ!」

はいい~。ごめんなさい、ごめんなさい。
≫客B
URL│posted at 2006-05-04(Thu)02:41│編集
ギィー・・・    バタン

ちょっと前にモールス信号で

[新田は油谷さんと・・・・・・中]
って届いて気になって来てみたけど・・・

あと、20分でショータイムかぁ。
まあ、いいか。
ちょっと覗いていこうか。

「菊池ィ!」

XYZをひとつ。
≫@ここは井の頭。
URL│posted at 2006-05-04(Thu)04:21│編集
「動くな!」

暗がりから声が聞こえた。
眼を凝らしてみても何も見えない。
静寂が恐怖を包み込むようにあたりは静まり返っていた。

「逃げても無駄だ。」

あぁ…。誰かに伝えなくては…。
手探りで逃げようとしたその時、乾いた銃声が鳴り響き
油谷の体は誰もいない観客席にどっぷりと沈んで動かなくなった。

「すみませんっ。通してくださいっ。」

この夜中にどこからこんなに集まってきたのか…。
人ごみをかきわけ屈強な男は現場の中心へ急いだ。

「警部っ、こちらですっ。」

案内されるままに被害者の元へ歩きながらも怒りを抑えきれなかった。

「我々は大きな過ちを犯したんだ。奴が犯人だと思い込んでしまった。そうじゃなかったんだ。」
「しかし警部、ここには油谷の死体が…。」

新田が犯人だと確信するに至ったのは、たったひとつの証言からだった。

「復讐だ。復讐なんだ。」

強引に復讐にもっていって繋げようとするH×S警部であったが、相棒を犯人呼ばわりされて怒りの収まらないmonta刑事は

「じゃ、奴の告発は嘘だったと!」
(最初っからそう言えよっ!)

monta刑事がそう言った時、この事件に関わって
初めてH×S警部の自信に満ちた顔を見る事ができた。
その唇にはうっすらと満足気に気持ち悪い微笑が浮かんでいた。

「2回目のショーは終わっている…。」

H×S警部はそう呟いていた…。
≫サブ
URL│posted at 2006-05-04(Thu)05:47│編集
「んちゃ~す!三河屋でぇっす!
 …んっと、マルティーンさんご注文は、っと。
 ドンペリの試供瓶30本で良かったんですよね?
 ここに置いときまぁ~す。まいど~!
 何かあったらまた、糸電話ください!」
≫菊池ィ
URL│posted at 2006-05-04(Thu)09:00│編集
ああっサブちゃ~ん、ちょうどいいところに来てくれたよ~。
警察の人とか来ちゃってるから、ドンぺり出しといてよ~。カウンターにある馬刺も出しちゃっていいからさ~。

いやちょっとさ~、XYZはいっちゃったから新宿駅まで行かなきゃなんないんだよ~。
すぐ帰ってくるからさ~、店番たのむよ~。
これ、DSあげちゃうから。ね。
≫銭形警部
URL│posted at 2006-05-04(Thu)09:58│編集
まぁ~て~ぃ!
ルパ~ン!!
あら?
ルパン見ませんでした?
≫@一般人
URL│posted at 2006-05-04(Thu)10:07│編集
え?さっきの人ですか?
馬刺し咥えて走って行きましたよ。
≫H×S警部と愉快な仲間達
URL│posted at 2006-05-04(Thu)19:44│編集
なるほどな。
馬刺しを咥えて走って行ったのか。
そうか…。
うっかり咥えて走って行ったのか。
新田のところに…。

奴を追え!新田の足取りが掴めるぞ!!

まあどうせ奴のことだ。
うっかり素手で新田に殺られることだろう。
新田の素手には44マグナムが仕込まれてるからな。
人呼んでシティハンターさ。
夜の街で数百人の女を口説き落としたハンターさ。
その奴が。
とんでもないものを盗み出しちまった。

俺のハートだよ。菊池ィ!

いいか。奴は暗殺のスペシャリストだ。
そうだな。
趣味は素手で熊を倒すことだ。
気を抜くなよ。
奴はもう二人殺してるんだからな。

そして…。
我々はルパンを追い、新田のところへと向かった…。
≫@ここは湾岸署。刑事課。
URL│posted at 2006-05-04(Thu)21:12│編集
(H×S警部と愉快な仲間達の強引な展開に
 場所をここ湾岸署に移さざるおえなくなった。)

「いい加減に白状しろっ!!」

湾岸署のホープ青島凛刑事はのらりくらり証言をかわす
マルティーンに手をこまねいていた。

「あ、そっちはどうです。とぅちゃん刑事。」

同課のベテランとぅちゃん刑事は新田と菊池ィの
取調べをしていたが二人とも誰かを庇っている。
そんな気がしてならない。

そこへ重厚な音楽と共に颯爽と現れたのは
黒いロングコートに身を包んだH×S警部と
monta刑事であった。

「青島凛くん。どうだ、口を割ったか?そうか。しぶとい野郎だな。」

そう言うとフロアのあたりを見回して誰かを捜している。
そう。言わずと知れた恩田刑事を捜していたのだ。
ジャジャジャジャジャ~。
振り返るとそこにはあの新田がひっくり返って
悶絶卒倒するあの人がいた。

「恩田くん~。捜したよ~。菊池ィの取調べをしてくれないか。」

いまさっきカップ麺にお湯を注いで2分程たったばかりの
恩田ももちぇ刑事は冗談じゃないわ!とばかりに
H×S警部に噛み付いた!

「え~~~。だって今お湯入れたとこなんですよ~~。
monta刑事がやればいいじゃないですか~~ん。」

「いとおしい…。恩田刑事ならなんでも白状するのに…。噛み付くなら俺に…。俺に…。」

その「か~~ん。」の言葉に卒倒しそうになりながらも
はちゃめちゃな妄想で頭がショートしそうな新田だった。

「じゃ、恩田くん。食べてからでいいからね?」

いつも優しすぎてふられてしまうH×S警部は
性懲りもなくまた優しく恩田刑事に接してしまう。
(恩田ももちぇ刑事当然の表情。)

このやりとりを聞いていた青島凛刑事ととぅちゃん刑事は
重要な事を忘れていた事に気付き改めてmonta刑事と
3人で暗号コードの解読にかかった。

「犯人は奴しかいない!この暗号さえ解ければ
 逮捕できるんだ。」

その暗号コードとは…。

「・・・トトン・ツーツー・トンツー・トト・・」

菊池が打ったモールス信号のことである。
そこにどんな意味があるのか…。
真実の意味は…。
すでに数字に配列して並べてある。

「・・・トトン・ツーツー・トンツー・トト・・」
「・・・11 ・2-2-・1・2-・11・・」

この数字に犯人につながる何かが隠されている。
本当にこの数字に意味があるのか。
3人はそれでも考える事をやめなかった。

今まさにこの時新田は胸躍らせもう今日死んでもいい位の
気持ちになって既に涙ぐんでいた。

「さっ。新田くぅん。教えてぇ。どんな意味があるのぉ?」

新田はあっさり陥落した…。
根性なしとはこの事である。

暗号コードには意味があった。
「・・・トトン・ツーツー・トンツー・トト・・」
「・・・11 ・2-2-・1・2-・11・・」
この2つの重なる数字の和は
「・・・2・・・4・・・・3・・・・2・・・」

「2・4・3・2」である。
この4つの数字からくる意味を新田は恩田刑事の
魅力に負けあっさり答えてしまった。

2→ふっ。まだわかんねぇのか。頭のわりぃ奴らだな。
4→素人ばっかり集まりやがって!
3→ミンクマだっていってんだろがっ!
2→ふざけた事いってっと菊池ィの口に馬刺し目一杯突っ込んで口聞けなくしてやるぞ!!

「やっぱりそうか…。」

恩田刑事の取調べを聞いていたH×S警部は
もうこの辺で〆ないとこの後スケジュールいっぱい
なんだよな。と密かに思いながら…。

「お前達のやってる事は、さっぱりすっぱりきっぱりやっぱりお見通しなんだっ!!」

と啖呵をきってみた。

「今まで散々回り道をさせてくれてありがとうよ。」
「警部!わかったんですか!」

湾岸署全職員の熱い視線を嫌がおうでも感じながら
H×S警部は語りだした。

「新田は犯人を庇っていたにすぎない。菊池ィは
手先となって動いただけだ。そうだ。犯人は……
…マルティーン、お前だな。」

そのH×S警部の堂々たる姿を見たときmonta刑事は
「何されてもいい…。」
そう密かに思っていたのだった。

そう。マルティーンは陪審員。
その陪審員が裁かれるなんて…とんだお笑い草だよ。

「ああ…」
落ち着くところに落ち着いて安堵する
青島凛刑事とベテランとぅちゃん刑事は
徹夜明けの眠い目を擦りながら眩しい日差しの中
次の事件現場へと向かったのであった。

< 完 >
≫新田さん
URL│posted at 2006-05-05(Fri)08:39│編集
本文よりも長いコメントを書いてくれ、かつその文才を惜しみなく発揮し、さらにそろそろ締めを考えねばなという制作者サイドの意向までも察してくれ、一体あんたはいつ寝てるんだ疑惑に包まれたかずみ。ちゃんに10P!!
≫☆かずみ。☆
URL│posted at 2006-05-05(Fri)09:58│編集
おっはよーんございますーん。

マジ?本気?正気?元気?
いやー。無理無理ポイントむしりとった気がするのは
私だけでしょうか。
井の頭までは指が勝手に動きましたが
湾岸署はもう冷や汗で何書いてるか訳わかんなく
なってしまった。
気配りのピーターニッタン様ー
ありがとうごじゃいましたー。

今気が付いた。文豪って…。おにいたま…。
≫凛
URL│posted at 2006-05-05(Fri)11:25│編集
あぁぁ…出遅れた…せっかく大事な役もらったのに…
美味しいところ逃したぁ!!(泣)

≫新田さん
URL│posted at 2006-05-05(Fri)14:51│編集
かずみ。☆ちゃんへ>>

いやいや、湾岸署のモールス信号は凄いと思った!
こういうのも面白いねぇ。少人数でやらんと難しそうだけどね。
そうそう、感謝状もつけたいくらいの大活躍に感謝!


凛ちゃんへ>>

だね。青島凛だもんね。
せめて一回あのセリフ言いたかったでしょ?
関係ないとこで叫んでもいいので、期待してます(≧▽≦)
≫銭形警部
URL│posted at 2006-05-06(Sat)00:03│編集
ちょっと待ってくださいよ~!
ひと~つ、ふたつはイイけれど!
み~っつ三日月〝ハゲ〟がある!
よぉ~っつ横ちょに、〝ハゲ〟がある!
いつ~っつ、いつもの〝ハゲ〟がある!
む~っつ、昔の〝ハゲ〟がある!
なな~っつ、斜めに〝ハゲ〟がある!
や~っつ、やっぱり〝ハゲ〟がある!
ここのつ、ココにも〝ハゲ〟がある!
とぉ~は、とうとう〝ハゲ〟だらけ!


犯人は、こんな捨て台詞をはいていきました。。。


ヤツ(ルパン)は、あなたの心を盗んでいきました!

まぁ~て~い!
ルパ~ン!
≫新田さん
URL│posted at 2006-05-06(Sat)00:09│編集
銭形警部へ>>

ピンポーン!宮崎駿!!

ハゲのくだりは、ウチの方では、
とぉ~で、とうとうハゲちゃった!
だったりします。
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
■フロア案内

4garabanner
4Fヨンガラは閉店致しました。 またのご来店をお待ちしてます。

■お便り募集中!


hawl3 お便り待ってるわよ!

■冒険日誌☆
■ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。