スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年04月27日(Thu)

「食用ガエルに思いをはせる」

カテゴリー:スデクマ☆社会面記事編集

こんにちわ。6Fの新田さんです。

えー、今日はひさびさスデクマ☆社会面です。タイトルのわりに笑いの要素は全くないのでご容赦下さい。

先日、哲楽さんのブログや、はぐれ雲・・・さんのブログにて、ちょっといろいろ考えた事があったので、今日はそれをまとめてみたいと思います。

あーただ、もっとこうするべきだ!とか、そういう考えはおかしいよねとか、こう議論を促すような内容にはならないと思うので、まぁヒマだから読んでやるかぐらいの勢いでお願いできればと。
では改めて、


今日のテーマ、「食用ガエルに思いをはせる」


先月考えた宗教について考えてみる(これ結構うまく書けたと思う。)でもちょっと触れたのですが、僕らはいろいろなものの命を奪いながら生きてます。

これは、もう重々承知の上でして今さら意識するような事ではないですが、まぁみんなそうでしょ。当然、他の動物たちも他の種類の動物たちを食って生きてるし、ちょっと気を抜けば僕らだって食われるわけだから生物が生物を食べるのは自然のなりわいだと思うんですね。

で、ちょっと余談なんですが、僕の中でもう1つ他の動物の命を奪っていいケースがあって、住んでるとこに侵入した場合は殺します。てんとう虫とかは逃がすように努力するけど、ゴキブリやらハチやらには逃がす選択肢はありません。自分の居場所を守るためだから大部ひいきはあるものの勘弁してくれってカンジです。


本題に戻りまして。


生きるために食うっていうのは、誰かの命を食ってることですわな。


例えば、マグロ。

漁師さん達が必死の思いして獲ってきてくれたマグロちゃん。手に入れるのに苦労するだけあって、値段もそこそこ張りますが有り難くいただきましょう。


でも、牛。

こいつらはほとんどが牧場出身ですよ。牧場生まれの工場加工とかですよ。ほとんどが食われるために産まれてきているわけですよ。しかも、こいつらの親は子供が食われるのも分かってるし、いずれ自分が食われる運命だってのも知ってるし、そもそも食われるために飼育されてるんですよ。んなもん有り難く食わないわけにはいかないっすよ。


って、ここまで書いて思ったんだけど、こんな事小学校ぐらいでも考えさせられたなぁなんて。相変わらず進歩がないよ、オレ。


それはさておき、こんな事いちいち考えてたらメシ食えるかー!っとは思いますが、たまにはそうやって産まれてきてるやつらもいるってことを僕は考えるわけで、だから当然メシは一粒残らず食うわけで。嫌いなものとか、頼みすぎて余っちゃったものとか、もう意地でも食い尽くすわけで。だって捨てるなんてあり得ないじゃん。

とはいえ現実オレもいろんな命を粗末にしてるわけなので、あんまり偉そうな事はいえません。こんな事書いたからって肉食わなくなるわけないし、どのみちファーストフードとかでは余った肉捨てまくってるんだろうし、そうは知っててもしょっちゅう行くし。


でもね、でもね。「食用ガエル」ってネーミングはせつなくない?生まれた瞬間から食用って言われてんだよ。気の弱いやつだったら自殺するよ。

親も食用って言われて生きてきて、頑張って生んだ子供も、もう食用っていわれてんだよ。

オレ達にだって生きる権利はあるんじゃい!とか、ほんとは長生きしたいんだよねぇ、でも食わせてもらってる立場だしさーとか、いろいろ言い分あると思わない?


なんて書きつつも、所詮カエルなんか食わないけどねって、オレも片隅にいるわけで。


そういや、むかし子供に「あくま」ってつけようとした親がいたけど、あの子は立派な子に育ってるのかしら?

というわけで、なんだかまとまらないけど、こんな日もあるよってことで。多分誰かに分かってもらいたくて書いてるんだろうな。ま、いいや。

んじゃ!

スポンサーサイト
 
│posted at 12:30:48│ コメント 13件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫monta
URL│posted at 2006-04-27(Thu)12:55│編集
ところで、新田さんは倒した熊は残さず食べてらっしゃるんですよね??あれ食用ですよね?
≫ももちぇ
URL│posted at 2006-04-27(Thu)13:17│編集
大丈夫だよ、ニッタン♪
食用カエルにも名前あったよ。
「ヨーロッパトノサマガエル」「ウシガエル」その他いっぱい仲間がいたよ。
もう大丈夫。心配せずに食べてね。
鳥肉の味すっから♪

ところで、新田さんは出会った熊は残さず食べていらっしゃるんですよね??あれ触良ですよね?
≫satoshi
URL│posted at 2006-04-27(Thu)13:56│編集
昔は日本でも好んで食べたらしいよ、カエル。
まあ、今のところ人間が生態系の頂点にいるから仕方ないね。
そんな人間も地球がちょっと身震いしただけで、
何千人も死ぬんだから、変わんないよ。
とは言え、人間を最も殺している生物は人間なんだけど。
宗教は芸術と同じレベルです。・・・って、ゲーテが言ってました。
≫Ash
URL│posted at 2006-04-27(Thu)14:40│編集
食用ガエルの食用(餌)として輸入された
アメリカザリガニの立場は・・・。
≫はぐれ雲・・・
URL│posted at 2006-04-27(Thu)15:42│編集
奥の深い、問題です・・・全てを語るのに1ギガ!ではとても足りません。

文明と文化を手に入れた時からホモサピエンスに課された問題でしょう。

空海(弘法大使)さんあたりに直接聞いてみたいケド・・・

新田さん・・・たとえば、極北で生きる「エスキモー」達の生活に、何かヒントがあるのではナイかと、雲は考えますが・・・・
≫哲楽(てつがく)
URL│posted at 2006-04-27(Thu)21:21│編集
新田さん、こんばんは。

深い題材ですね。
迷惑にならないように、できるだけ短く
コメントするように頑張ります。

命の問題は、答えがどうこう言うよりも、
命について考える時間を持つことが大切
だと思います。

残さず食べることも大事ですね。
すべてのものに感謝、感謝です!
≫新田さん
URL│posted at 2006-04-28(Fri)08:46│編集
もんたんへ>>

クマを食べるんだったら、ブログのタイトル「素手で熊を食べる方法☆クマタベ」にしてるってば!
あくまで倒す方法ですからー!


ももちぇんへ>>

だから、クマ食べるんだったら、「素手で熊を殺す方法☆クマコロ」にしますから!
お、クマコロちょっといい響き♪

てか、カエル食ったことあんだ( ´-`)


satoshiさんへ>>

ゲーテ出てきたか!
でも宗教って学んでみると面白いねぇ。学生時代に興味持ってたらな~って思う事のひとつです。


Ashさんへ>>

アメリカザリガニはカッコいい!
ザリガニってだけでも強そうなのに、さらにアメリカですからね!パワーでは絶対不利ですよ。
こういう相手には素早さで勝負!


はぐれ雲・・・さんへ>>

1ギガで足りる足りる。今現在スデクマ☆こんなに書いてるのに、0.3MBしかないし。ちょっとしたエクセルファイルよりちっちゃい┐( ̄ー ̄)┌

エスキモーについては、これから勉強してみようと思います。でも寒がりなんで現地にはいけないかも。


哲楽(てつがく)さんへ>>

待ってました!
たしかに考えることが大事ってのが正解だと思います。どう頑張っても生きてるうちには解決できなさそうだし。

残さず食べるってのも、ガキの頃から散々言われてるのに、大人になって改めて意味を考えてしまう言葉かも。
≫はぐれ雲・・・
URL│posted at 2006-04-28(Fri)09:46│編集
おはよ ・・・ 新田さん
確かに1Gは、必要ないカモです。
しかし根本は「食物連鎖」って事ですよネ ・・・
生きる為(だけに)に食べる ・・・それだけなのか?

「人はそれだけにあらず」 です。
だから、ややこしいのですよ

エスキモーの食生活が正しいのか?
京料理に代表される食が正解なのか?

この事は、極北や京の都に出向かなくとも論議する価値は有ると雲は思います・・・ケド。
≫新田さん
URL│posted at 2006-04-28(Fri)14:30│編集
はぐれ雲・・・さんへ>>

まぁ、贅沢しすぎはアカンよねってことかな?たぶん。

それと、他者(人間じゃないけど)の命を食らって生きてるってことも忘れちゃいけないよね、みたいな。

哲楽(てつがく)さんの言われてる、考える事自体が大事ってのが答えなような気もします。
≫か。@も○○ぇん上手いな~♪
URL│posted at 2006-04-30(Sun)11:48│編集
せ…せつない。
食べられるためだけに生まれてくる子がいるんだよね~。
「CASSHERN」観た?でてくるんだよね。
パーツを取り替えられる為だけに生まれてくる子。

食べ物は残しちゃだめだよね?んじゃ、彼女が食べられない分は
ニッタンがごっくんしてあげるんだね?

「かえる」と「クマ」に思いを馳せてしまいました。
 




≫新田さん
URL│posted at 2006-05-01(Mon)08:53│編集
○○使う意味なくねぇさんへ>>

僕もいちばん大切なパーツを取られた事があるんです。誰にって?
これを読んでくれてるキミに。 ←はいバカはっけ~ん。

食べ物残すような彼女は、彼女ごとゴックンです。
≫ゆう
URL│posted at 2006-05-01(Mon)11:53│編集
ゆうんとこで使う実験のカエルが、
「食用ガエル」という名前で納品されてました。
実験で使うのに食用?ちょっと不思議だったな。

学生時代にもありました。
食用ガエルを殺さずに脊髄だけ損傷させて、実験するんです。
傷をつけるわけだからカエルは苦しんで暴れ、
なかなかうまくできないわけなんですが。
先生はよく言ってました。
「ただでさえ実験で苦しませるのだから、
脊髄を損傷させるときは一思いにやってあげなさい。」って。

先生のカエルへの・・・というか、命あるものへの
思いを感じ取ることができました。


≫新田さん
URL│posted at 2006-05-01(Mon)12:19│編集
ゆうちゃんへ>>

なるほど。じゃあ食用ガエルも食われるのか、実験されるかのドキドキ感はあるのか。ってか、実験されんのはイヤ!

ひと思いにやるのが、いいのか悪いのかはわからんけど、相手にも命があるってことを考えるのは大切よね。

って、なぜにおネエ言葉?
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
■フロア案内

4garabanner
4Fヨンガラは閉店致しました。 またのご来店をお待ちしてます。

■お便り募集中!


hawl3 お便り待ってるわよ!

■冒険日誌☆
■ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。